雨漏り修理

雨漏りの修理は一括見積もりサイトで料金比較しよう

雨漏り修理一括見積もり>雨漏り修理はマイホームのメンテナンスを考える上で避けて通れない問題です。元々日本列島は気候的に雨が多い地域です。アジア諸国は元々温帯気候であり、常に雨風が激しい地域となり、マイホームの外壁や屋根が傷んでいると激しい雷雨や夕立に耐えられません。僅かな隙間だったとしても、近年多発するゲリラ豪雨や巨大台風に見舞われると、そこから室内に水が入り込みます。一度でも浸水を許すとそこが腐食したり、水分によって柱や壁が激しく劣化します。

 

雨漏りの修理は家族の手では進められないものです。趣味でDIYに励む人々が近年増えて来ました。簡単な家具であれば自分で作成した方がお得だからです。本棚やローデスクやパソコンデスクなど、器用な方なら朝飯前でしょう。翻ってマイホームの心臓部とも言える壁や屋根をDIYで修理するのは至難の業、下手に素人が触ると返って傷を増やしてしまったり、浅い部分だけをメンテナンスして安心してしまい、見えないところに潜んでいた本当のダメージを放置する恐れが出て来るのです。

 

雨漏り修理はプロフェッショナルな方に相談するのが良いでしょう。今では多種多彩なサービスがあります。ただお店によって雨漏りの修理費は値段が違っており、同じ施工内容でも依頼先によって最終的な金額が想像以上に幅広いです。そのためお得に雨漏りの修理を進めたいご家庭は、依頼をする前にネット検索で一括見積もりをしておきましょう。具体的な費用を知った上で、比較検討をすれば失敗を予め避けられます。一括見積もりは無料で受けられ、受けるだけで終わらせる事も充分可能です。スマートフォンやパソコンから気兼ねなく申し込めるので、とりあえず実家の修繕にどの程度費用が掛かるか知りたい、という段階で利用するのもオススメです。価格比較を済ませた上で、サービス面や評判で更に細かく比較検討するのも良いでしょう。最安ではなくても、評判がよい専門業者にした方が満足度が上がります。

雨漏りの修理の料金相場

雨漏り修理料金

雨が降った時に雨漏りしているという場合、できるだけ早く対処を講じる必要があります。雨漏りになった状態をそのまま放置している場合、家の主要な構造部分がダメージを受け、家の耐久性が低下してしまうといった問題が起こってしまうのです。しかし、雨漏りの修理を行うという場合、一番気になるという点が修理費用ではないでしょうか。そこで、一般的な雨漏りの修理の料金相場についてご紹介してみたいと思います。

 

基本的に雨漏りの修理の料金相場は雨漏りの状態などによって異なってきます。例えば、棟板金が破損したり浮いてしまっているというものや屋根の傷みの状況が広範囲にわたっているという場合では必要な修理が異なっていますので、料金も違いますが、雨漏りの修理をするためには数十万位はかかるといわれています。そして、屋根の傾きや雨漏りの影響範囲が大きい場合には雨樋や棟板金工事なども必要になってくるため、それだけ多くの料金が必要になります。雨漏りの修理の料金相場は雨漏り修理の内容によって異なってきます。例えば、30坪くらいで漏り修理を行う場合には5万円から30万円が相場といわれます。そして、屋根の傾きが大きい場合、危険なために足場を付ける必要がでてきてそのぶん費用が高くなるのです。通常の屋根の場合、棟板金の修理だと3万円から10万円、雨樋の修理だと3000円から10万円、スレート・コロニアル・瓦の差し替えの場合であれば、1平方メートルの相場が1万円から5万円といわれています。

 

しかし、これらの費用相場はあくまで目安といわれるもので、その家の雨漏りの実際の状況によって異なってくるのです。また、修理業者によっても同じ条件で見積もりをだしたとしても費用は同じにはならないといわれており、実際の費用は様々で、それぞれ異なっているということなのです。そのため、雨漏り修理を行うという場合は、業者に見積もりを出してもらうことで比較してから修理を行うということが推奨されるのです。

雨漏りの原因

雨漏り修理原因

住宅に発生する雨漏りは、屋上に何らかの問題が生じて原因となるケースが多いです。特に代表的なのは防水性能の低下で、防水加工に劣化が生じて水分の浸入を許してしまうことです。メンテナンスを行えば長持ちするはずですが、実際は必要なお手入れが不足している場合が少なくないです。屋根に防水シートを使用している場合も、15年ほど使っていると劣化が生じて雨漏りに至ります。劣化のスピードは環境によりますが、日照時間が長かったり紫外線が強い地域では、早めに寿命を迎える恐れがあります。

 

逆に長持ちする環境だと20年は持ちますが、それでも細かな劣化や、避けた部分からの浸入には注意が必要です。新築なら雨漏りの心配はない、それは正しく施工されている場合に限られるので、必ずしも安心とはいえないでしょう。施工不良を原因とする雨漏りは案外珍しくなく、施工のミスや手抜きがあればそこから室内に雨水が浸入します。防水の不足や施工時に隙間が生じていると、こういったところが雨漏りの原因になります。

 

屋根の塗装やコーキングは、正しく行えば住宅の寿命を延ばしますが、間違ったやり方では却って寿命を縮めます。素人工事は雨漏りの原因の1つで、屋根の塗装時に必要な処理が省かれていたり、コーキングが足りていないと水分が入ってきます。プロなら安心だと思いがちですが、知識が不足している業者だと、期待できる仕上がりや機能性は素人とあまり変わりないです。ちゃんと隙間を埋めて防水をすることが、雨漏りを防いで住宅の価値を保つ要因となります。戸建ても雨漏りは発生する恐れがありますし、屋根だけでなく意外なところから浸入したりします。2階のベランダは水が溜まりやすい構造上、劣化が早かったり劣化部分から浸入が発生する傾向です。防水性能は期待できて5年程度ですから、5年に1回は防水塗装を塗り直したいところです。植木鉢やプランターを置いている部分は、水撒きなどによる劣化が促進されやすい上に、視覚的に隠れて発見が遅れる盲点なので要注意です。他に、詰まった雨樋からの漏れや窓の劣化したパッキンのヒビ割れも、雨が浸入してしまう原因に挙げられます。

雨漏りの修理のをDIYでやる

雨漏り修理DIY

雨漏りがあるという場合、そのままにしておくのはよくありません。水漏れは家にとって致命的になりうるということなのです。そのため、気が付いたらすぐに雨漏りの修理などの対策を取ることが大切です。業者に頼むと高額な費用が必要という場合にはDIYしてみる方法があります。業者に頼むのに比べると材料代などだけになりますのでリーズナブルです。ただし、雨漏り修理は屋根に上って行う必要があるため、安全対策をしっかりと講じてから行うようにしましょう。

 

基本的には雨漏りは屋根の傷みが原因で起こっているといわれています。いくつか原因があるため、まずは雨漏りがどんな原因で起こっているのかという点を把握することが大切です。よくみられる雨漏りの原因には、スレートがひび割れていたり浮いていることで水漏れが起こっているということや、屋根の棟板金のクギが浮いてきたことで隙間ができていることが挙げられます。また、瓦が割れたりずれているという場合や屋根の痛みなどが原因になっていたりします。ベランダの排水口の劣化なども雨漏りの原因になるのです。カビやコケなどがあると、塗装がはがれたりして雨漏りの原因になってしまいます。汚れた部分は高圧洗浄機などでしっかりときれいにし、剥がれや割れなどがある場合にはと塗料したり埋めたりします。

 

スレートの亀裂や小さな隙間などが見られる場合はコーキング剤を用いてその部分を埋めて行きます。しかし、あまりにも傷んでいる部分が広いという場合には業者に依頼した方がいいといえます。余広くない範囲で屋根の撥水性が低下していたり、瓦棒などが錆びているという時井は基本的に塗装という方法で対策していきましょう。雨漏り修理を行う場合、しっかりと屋根が乾いていることを確認してから、シーラーやプライマーなどで下塗りし、それから中塗りを行ってから上塗りというように3回塗っていきましょう。昨今ではホームセンターに様々な材料があります野で、活用すると道具を揃えることができます。

雨漏り診断士に診断するといくらかかる?

雨漏り修理診断

雨漏り診断調査に必要な費用は、それぞれの基準によってかなり異なる傾向がありますので、一律に述べることが難しい傾向があります。ただ、雨漏り診断調査に必要な相場や事例に関してはいくつか存在しますので、そういった実際の事例を確認することによって相場を判断していくことができるようになります。まず、雨漏りの調査の前にはヒアリング調査や目視調査を行うことがとても大切です。雨漏りの発生状況などを考慮して、なるべく多くの情報を雨漏り診断士に対して提供しておくことで、より正確な診断を行ってもらえるようになるわけです。

 

原因解明にも役立ちますので、スムーズな問題解決につなげることができるようになります。実際に費用がかかるポイントとしては、散水調査や赤外線調査など、具体的な調査を行っていくときに費用が重要です。これらの一般的な相場に関しては、だいたい20万円前後であると考えられています。ただ、上記のように状況によって相場は異なってくる傾向がありますので、住宅や建築物の規模が大きいとより大きな相場が必要になる可能性があるということは理解しておきましょう。また、雨漏り診断調査を行うときには仮設の足場を準備しなくてはならないことがほとんどです。実際に目視では検査することになりますので、足場を作ってポイントを確認して本当にそれが原因になるのかということを把握しなくてはいけないわけです。

 

こういった仮設足場の建築費用も必要になりますので、覚えておくことが大切です。また、高層マンションなどで仮設足場を建築することができない場合には、ゴンドラなどを利用して対応することになります。当然ですが、こういったゴンドラの費用に関しても雨漏り診断書の費用に含まれたり、別途加算されてしまうことがありますので予算の家で計算しておくと良いでしょう。これらの診断が終わった後に、具体的な雨漏りの対策を行っていきますのでそこでそれぞれの諸経費を計算してもらうことになります。